11月17日に、埼玉県障害難病団体協議会が主催する小児慢性疾病ピアカウンセリング事業の2回目に参加してきました。前回同様、保護者の集いが開催されている時間に、お子様の保育のお手伝いをさせて頂きました。短い時間でしたが、遊びやお散歩を通して沢山の笑顔を見ることが出来ました。お子様同士のやり取りも多くみられ、楽しそうな様子も沢山見られました。同年代のお子様同士の関わりの必要性を間近で再認識する事ができ、貴重な経験をさせて頂きました。